FC2ブログ
2018
12.01

祖父が残した山の木で構えた長期優良住宅の住まい



秋田市のI様邸は、祖父が植えた所有する山の杉の木を建築材として活用した住まいで、
構造材や造作材のおよそ1/2に使われています。



秋田杉板張りの3台駐車できるガレージ付の外観

I様邸1

1階の床は15㎜厚の杉板、2階には赤松を採用。
柔らかで温かみのある触感が足裏にとても心地いい♪

玄関にはシューズクローク、キッチン横には家事納戸と
ストレスなくすっきり暮らせる設計に。

リビング横の部屋との仕切りは壁ではなく引戸にすることで
広い空間を楽しんだり、来客時には客間にと必要に応じた使い方ができます。

I様邸3

将来子供たちの実家になる住まいだから、
長く住み継がれるよう長期優良住宅を選択。

祖父の思いも受け継いだ 先の世代へ残す高性能な住まいとなりました。

続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2017
03.22

お引渡しが完了しました。



進捗状況をお知らせしてきました、広面A様邸の新築工事が無事に終わり、

先日お引渡しが完了致しました。



リビング

木の優しさが伝わる 明るく柔らかな雰囲気の住まいができました。




A様、ありがとうございました 

これからも末永くお付き合いをお願い致します!  






Comment:0  Trackback:0
2017
03.02

山門工事2


山門が完成しました


先日ご紹介致しました山門の扁額ができましたとのご連絡を頂きましたので、
取付け工事を行い、無事完成致しました!

山門1


金色の文字が美しい大きく立派な扁額が、全体を引き締まった印象にします。



下から見上げると、惚れ惚れしてしまうほど。


山門2

ベテラン大工といえども、山門工事は初めての挑戦でしたので
新たに学ばせて頂いたことも多く、また仕事をやり終えた達成感も大きかったと思います。

大変良い機会となりました。


ご依頼ありがとうございました!




Comment:0  Trackback:0
2017
02.24

山門工事1


お寺の山門を建てました

山門新築工事のご依頼を頂き、ベテラン大工が初めての山門作りに挑みます。


主な材料は欅(けやき)で、軒桁には栗材を使用しました。


木鼻の型彫り
熟練の技術が光る木鼻の型彫り


木材加工
木材加工


山門基礎工事
基礎工事

足場架状況
足場架け状況

桔木納め
屋根下地造り  桔木納め

縄だるみ曲線
この美しい反りは「縄だるみ曲線」というそうです

飛えん垂木
飛えん垂木・地垂木・軒桁・木鼻

門の両側の袖塀
門の両側の袖塀

踏み石
踏み石敷き詰め

全体
先日、足場が外れ全体が見えました。
あとは扁額(看板)を付ければ完成です!


【 ここでちょっと豆知識 】

こちらの山門は「薬医門」という構造で、
前方に2本、後ろに2本の4本の柱で屋根を支えており、
屋根の中心の棟が、前の柱と後ろの柱の中間ではなくやや前方にきているのが特徴です。
前方の2本の柱が本柱として後方のものよりやや太く、荷重を多く支えます。







Comment:0  Trackback:0
2017
02.10

広面新築工事の進捗状況(第2回)


広面の新築工事は大工工事が終盤に入ってきました。

家具も自社大工が作ります。
会社の作業場で加工し、現場に運んで取付けるものです。



2902103.jpg
■寝室脇の書斎コーナー

造り付けなのでピシッと納まっています。
吊っている本棚のビスも見えないよう工夫されています。


2902102.jpg
■子供室、四角窓から冬でも穏やかな自然光が入っています。


2902104.jpg
■コンパクトなダイニングは天井を杉板張りにしました。


2902101.jpg
■丸柱や窓枠など、自然の木が点在して浮き立つようにしています。

壁が白く仕上がるとガラッと雰囲気がでてきます。



この写真からの変化をお楽しみに!




Comment:0  Trackback:0
back-to-top